本文へスキップ

安心の【蜂駆除専門】お電話一本で簡単お見積もり!!愛知県全域どこでもお近くのスズメバチ駆除士が最短即日お伺いさせて頂きます。ハチが残らない完全な駆除!!

TEL. 0120-41-8110

24時間・年中無休 お気軽にお問い合わせください。

はち駆除専門で創業24年

愛知県全域の蜂のことならなんでもお任せください。

愛知県名古屋市全域での蜂の巣駆除どこでもお電話一本で安心駆除。
蜂の巣駆除・スズメバチ駆除・アシナガバチ駆除など何でもお気軽にお問い合わせ下さい。
官公庁を含め一般家庭や企業様から多数のご依頼・ご指名をいただいております。

類似する会社名やホームページと間違わないようご注意ください。

見積・相談無料 24時間・年中無休 全域対応

TEL:0120-41-8110


名古屋市の蜂駆除・蜂の巣 駆除・お電話で簡単お見積もり!安心の【蜂駆除専門】無料電話相談実施中!!蜂のことなら何でもお任せ下さい。日本スズメバチ駆除協会認定のスズメバチ駆除士が電話相談に応じます。 
蜂駆除・蜂の巣駆除で一番大切なことはハチが残らない事!!
『人命』に関わる為、戻りバチによる刺傷被害や人的災害・巣を撤去後のトラブルなどを防ぐためにも、蜂の習性を熟知した蜂駆除専門の業者に依頼しましょう。
※他社や個人で巣を撤去後のトラブルなどのご相談が増加中です。
 ご注意下さい。


名古屋市のドラックストア一覧です。


ミドリ薬局北店

閲覧数 59件

詳細を見る


住所〒462-0002 愛知県名古屋市六が池町17−2

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(名鉄線)

連絡先電話 :052-903-1186
.


アリス調剤薬局

閲覧数 76件

詳細を見る


住所〒462-0004 愛知県名古屋市三軒町16−5

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(東海交通線)

連絡先電話 :052-903-9060
.


白沢ドラッグエイブル楠店

閲覧数 85件

詳細を見る


住所〒462-0006 愛知県名古屋市若鶴町314

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(東海交通線)

連絡先電話 :052-903-1805
.


ジップドラッグ 白沢ドラッグエイブル楠

閲覧数 92件

詳細を見る


住所〒462-0006 愛知県名古屋市若鶴町314

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(東海交通線)

連絡先電話 :052-903-1805
.


あおい薬局 名古屋北店

閲覧数 107件

詳細を見る


住所〒462-0007 愛知県名古屋市如意3丁目108−2

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(名鉄線)

連絡先電話 :052-982-6322
.


すばる薬局如意店

閲覧数 121件

詳細を見る


住所〒462-0007 愛知県名古屋市如意2丁目112

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(名鉄線)

連絡先電話 :052-902-7455
.


ハロー薬局如意店

閲覧数 103件

詳細を見る


住所〒462-0007 愛知県名古屋市如意2丁目96−2

アクセス最寄駅:東海交通事業城北線 比良

連絡先電話 :052-909-2610
.


サン・イズミ薬局

閲覧数 62件

詳細を見る


住所〒462-0011 愛知県名古屋市五反田町110−21

アクセス最寄駅:東海交通事業城北線 比良(愛知県)

連絡先電話 :052-903-8581
.


きたがわ薬局

閲覧数 62件

詳細を見る


住所〒462-0012 愛知県名古屋市楠3丁目527

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(東海交通線)

連絡先電話 :052-901-6340
.


きたがわ調剤薬局

閲覧数 138件

詳細を見る


住所〒462-0012 愛知県名古屋市楠5丁目724

アクセス最寄駅:名鉄小牧線 味美(東海交通線)

連絡先電話 :052-903-1820


株式会社イズミ

閲覧数 37件

詳細を見る


住所〒462-0802 愛知県名古屋市上飯田北町2丁目7

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-915-3096
.


ファーマシーイズミ

閲覧数 44件

詳細を見る


住所〒462-0802 愛知県名古屋市上飯田北町2丁目7

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-911-2061
.


しょうなん調剤薬局川瀬店

閲覧数 50件

詳細を見る


住所〒462-0802 愛知県名古屋市上飯田北町2丁目13

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-910-1222
.


アクア調剤薬局上飯田店

閲覧数 38件

詳細を見る


住所〒462-0802 愛知県名古屋市上飯田北町1丁目18−3

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-919-7730
.


アイランド薬局上飯田店

閲覧数 66件

詳細を見る


住所〒462-0804 愛知県名古屋市上飯田南町2丁目76

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-913-1189
.


伊藤薬局

閲覧数 86件

詳細を見る


住所〒462-0804 愛知県名古屋市上飯田南町1丁目37

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-911-8022
.


イトウ薬局

閲覧数 40件

詳細を見る


住所〒462-0804 愛知県名古屋市上飯田南町1丁目37

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-911-8022
.


スギ薬局 上飯田店

閲覧数 90件

詳細を見る


住所〒462-0804 愛知県名古屋市上飯田南町5丁目133

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 平安通

連絡先電話 :052-919-7340
.


有限会社千里馬薬局 上飯田店

閲覧数 75件

詳細を見る


住所〒462-0807 愛知県名古屋市御成通3丁目16−5

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 平安通

連絡先電話 :052-915-7576
.


株式会社上飯田薬局

閲覧数 47件

詳細を見る


住所〒462-0808 愛知県名古屋市上飯田通2丁目2

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-981-6002


ねお調剤薬局金城店

閲覧数 46件

詳細を見る


住所〒462-0847 愛知県名古屋市金城3丁目514

アクセス最寄駅:名古屋市名城線 黒川(愛知県)

連絡先電話 :052-910-0311
.


ヨコイ薬局

閲覧数 51件

詳細を見る


住所〒462-0854 愛知県名古屋市若葉通2丁目5

アクセス最寄駅:名古屋市名城線 志賀本通

連絡先電話 :052-991-4607
.


マイタウン薬局若葉通店

閲覧数 80件

詳細を見る


住所〒462-0854 愛知県名古屋市若葉通1丁目15−2

アクセス最寄駅:名古屋市名城線 志賀本通

連絡先電話 :052-508-8112
.


ぺんぎん調剤薬局

閲覧数 46件

詳細を見る


住所〒462-0861 愛知県名古屋市辻本通3丁目24−2

アクセス最寄駅:名古屋市上飯田線 上飯田

連絡先電話 :052-915-2233

などがあります。


名古屋市の蜂駆除・蜂の巣 駆除・お電話で簡単お見積もり!安心の【蜂駆除専門】無料電話相談実施中!!蜂のことなら何でもスズメバチ110番へお任せ下さい。日本スズメバチ駆除協会認定のスズメバチ駆除士が電話相談に応じます。 
蜂駆除・蜂の巣駆除で一番大切なことはハチが残らない事!!
『人命』に関わる為、戻りバチによる刺傷被害や人的災害・巣を撤去後のトラブルなどを防ぐためにも、蜂の習性を熟知した蜂駆除専門の業者に依頼しましょう。
※他社や個人で巣を撤去後のトラブルなどのご相談が増加中です。
 ご注意下さい。

名古屋市周辺の蜂駆除・蜂の巣 駆除・お電話で簡単お見積もり!安心の【蜂駆除専門】無料電話相談実施中!!蜂のことなら何でもお任せ下さい。日本スズメバチ駆除協会認定のスズメバチ駆除士が電話相談に応じます。 
蜂駆除・蜂の巣駆除で一番大切なことはハチが残らない事!!
『人命』に関わる為、戻りバチによる刺傷被害や人的災害・巣を撤去後のトラブルなどを防ぐためにも、蜂の習性を熟知した蜂駆除専門の業者に依頼しましょう。
※他社や個人で巣を撤去後のトラブルなどのご相談が増加中です。
 ご注意下さい。


キイロスズメバチ
体はスズメバチの中では比較的小型であるが、攻撃性は非常に高い。働きバチの体長は2.5センチメートル前後で活動性は非常に高いが、1匹あたりの寿命は2週間程度と短い。巣はまだら模様の丸型。樹木の枝、屋根裏や軒下、床下など風雨を防げる場所であればあらゆるところに巣をつくる。モンスズメバチなどと同じく引っ越しをする習性を持っている。
コガタスズメバチ
体はずんぐりしていて、攻撃性は低い。働きバチの体長は3センチメートル前後で活動性は低いが、1匹あたりの寿命は3週間程度と比較的長い。
巣はまだら模様のラグビーボール型。樹木の枝、ベランダの下など開放空間を好む。
オオスズメバチ
体はスズメバチの中では最大で攻撃性は非常に高い。働きバチの体長は3.5センチメートル前後で毒性が最も強い。巣は土の中や樹木の幹の中につくり、キイロスズメバチのような目視できるようなところには営巣しない。
その他
ヒメスズメバチ、モンスズメバチ、チャイロスズメバチ、クロスズメバチなどの種類があります。




スズメバチなどによるアナフィラキシーショック

腹部に強烈な毒針を持っていて人間への攻撃性も非常に高いことから、毎年夏から秋にかけてのスズメバチが活発になる時期には多数の刺傷事故のニュースを耳にします。年間に10~20人程度の方がこのスズメバチによって亡くなっており、これは国内ではクマ、ヘビ、サメなんかより遥かに多い数字です。
 つまり、スズメバチは日本で最も人間にとって危険な生き物と呼んでも過言はありません。


スズメバチの毒には強力な溶血作用その他の生理作用があります。ただし数箇所刺されたくらいの毒量では死ぬことはありません。91箇所も刺されれば別ですが、通常、人が死ぬのはほとんどの場合、過剰な抗原抗体反応(免疫反応)に伴うアレルギー性ショック死です。
過去にハチに刺された経験があると、体内にはハチ毒による抗体が作られます。二度目にハチに刺されたときに、稀に抗原(ハチ毒)によるアレルギー反応が生じる人がいます。このアレルギー反応は、発症までの時間が極めて短い即時型反応(Ⅰ型)で、短時間(数分~30分以内)のうちにアレルギー症状が表れます。
このうち,呼吸困難や血圧低下などの全身的な反応をアナフィラキシーと呼び、生死に関わる重篤な症状を伴うものをアナフィラキシーショックといいます。症状がでるまでの時間が短いほど重症になる可能性が高く危険です。


アナフィラキシー(全身症状)が疑われる場合、即時に病院へ行くことが必要です。救急車を呼ぶこともためらわないでください。
アナフィラキシーによる死亡例の多くは刺されてから1時間以内死亡がおきています。ハチ毒によるアナフィラキシーの反応は刺されてから数分から15分以内に起こるといわれています。早急な対処が必要です。また、アナフィラキシー反応は一度収まってから再度起こることもありますので注意してください。
アナフィラキシーを疑った場合には速やかに医療機関を受診する必要があります。また、以前に重篤なアナフィラキシーを起こした既往がある場合には、軽微な症状でもアナフィラキシーの前兆の可能性がありますので、医療機関の受診が勧められます。特に、じんま疹などの皮膚症状に加えて呼吸困難やめまい、倦怠感、腹痛、嘔吐などの症状が出現した場合や、アレルゲンへの曝露が分かっている場合には、アナフィラキシーの可能性が高まりますので、119番通報してください。
現場での対応としては、症状を悪化させないためにアレルゲンと考えられる原因の除去が必要となります。ハチに刺された場合には、速やかにその場から離れることが大事です。1匹のハチに刺されると毒液が空中にまき散らされるため、多数のハチの攻撃を受けることがあると言われています4)。また、針を残していくハチがいますが(ミツバチが多いと言われています)、針には毒液が残っているため速やかに除去します。時間経過が毒液の注入に影響しますので、医療機関での除去にこだわらず早く抜いてください。
めまいや気の遠くなる感じなど血圧低下を示す症状がある場合には、横になり(仰向け)嘔吐がなければ毛布などを用いて両足を上げます。足を上げることで心臓に戻る血流が増加するために血圧の上昇が期待できます。嘔吐が見られたり意識が悪い場合には、吐物を喉に詰まらせたり舌が気道を狭くし呼吸困難を起こす可能性があるため、横向きで寝かせ、応援や救急隊が到着するのを待ちます。



スズメバチなどによるアナフィラキシーショック

腹部に強烈な毒針を持っていて人間への攻撃性も非常に高いことから、毎年夏から秋にかけてのスズメバチが活発になる時期には多数の刺傷事故のニュースを耳にします。年間に10~20人程度の方がこのスズメバチによって亡くなっており、これは国内ではクマ、ヘビ、サメなんかより遥かに多い数字です。
 つまり、スズメバチは日本で最も人間にとって危険な生き物と呼んでも過言はありません。


スズメバチの毒には強力な溶血作用その他の生理作用があります。ただし数箇所刺されたくらいの毒量では死ぬことはありません。91箇所も刺されれば別ですが、通常、人が死ぬのはほとんどの場合、過剰な抗原抗体反応(免疫反応)に伴うアレルギー性ショック死です。
過去にハチに刺された経験があると、体内にはハチ毒による抗体が作られます。二度目にハチに刺されたときに、稀に抗原(ハチ毒)によるアレルギー反応が生じる人がいます。このアレルギー反応は、発症までの時間が極めて短い即時型反応(Ⅰ型)で、短時間(数分~30分以内)のうちにアレルギー症状が表れます。
このうち,呼吸困難や血圧低下などの全身的な反応をアナフィラキシーと呼び、生死に関わる重篤な症状を伴うものをアナフィラキシーショックといいます。症状がでるまでの時間が短いほど重症になる可能性が高く危険です。


アナフィラキシー(全身症状)が疑われる場合、即時に病院へ行くことが必要です。救急車を呼ぶこともためらわないでください。
アナフィラキシーによる死亡例の多くは刺されてから1時間以内死亡がおきています。ハチ毒によるアナフィラキシーの反応は刺されてから数分から15分以内に起こるといわれています。早急な対処が必要です。また、アナフィラキシー反応は一度収まってから再度起こることもありますので注意してください。
アナフィラキシーを疑った場合には速やかに医療機関を受診する必要があります。また、以前に重篤なアナフィラキシーを起こした既往がある場合には、軽微な症状でもアナフィラキシーの前兆の可能性がありますので、医療機関の受診が勧められます。特に、じんま疹などの皮膚症状に加えて呼吸困難やめまい、倦怠感、腹痛、嘔吐などの症状が出現した場合や、アレルゲンへの曝露が分かっている場合には、アナフィラキシーの可能性が高まりますので、119番通報してください。
現場での対応としては、症状を悪化させないためにアレルゲンと考えられる原因の除去が必要となります。ハチに刺された場合には、速やかにその場から離れることが大事です。1匹のハチに刺されると毒液が空中にまき散らされるため、多数のハチの攻撃を受けることがあると言われています4)。また、針を残していくハチがいますが(ミツバチが多いと言われています)、針には毒液が残っているため速やかに除去します。時間経過が毒液の注入に影響しますので、医療機関での除去にこだわらず早く抜いてください。
めまいや気の遠くなる感じなど血圧低下を示す症状がある場合には、横になり(仰向け)嘔吐がなければ毛布などを用いて両足を上げます。足を上げることで心臓に戻る血流が増加するために血圧の上昇が期待できます。嘔吐が見られたり意識が悪い場合には、吐物を喉に詰まらせたり舌が気道を狭くし呼吸困難を起こす可能性があるため、横向きで寝かせ、応援や救急隊が到着するのを待ちます。
スズメバチに刺されたときには、適切な対処により症状を軽くできる可能性があります。また、スズメバチなどの蜂の刺傷(ししょう)には、アレルギー反応の危険もあります。重篤なアレルギー反応であるアナフィラキシーは、命の危険もあるため、迅速な対応が不可欠です。スズメバチに刺されたときの症状や、注意ポイント、刺されないための予防法について、詳しく解説していきます。
スズメバチとは
スズメバチとは、カリバチと呼ばれるハチの仲間の一種で、攻撃性の強い蜂として知られています[1]。里山や農村だけではなく、都心でも生息がみられるようになっています。
スズメバチの特徴
攻撃性がかなり強いといわれています。特に、晩夏から秋にかけては働きバチが増える時期で、攻撃性も上がるため注意が必要です。蜂に刺される事故は、8月や9月に多く報告されています。飛び方は、素早く、直線的に飛ぶのが特徴です。羽音が大きいのも、見分けるサインになります。警戒心が強く、巣に近づくと威嚇をはじめ、立ち去らないと、攻撃してくる場合もあります。
スズメバチに刺されたときの症状
ハチに刺されると、激しい痛みが生じ、患部が赤く腫れてきます。初めて刺されたときには、1日程度で症状は治まりますが、2回目以降はアレルギー反応が起きることがあります。反応が強い人の場合には、アナフィラキシー反応と呼ばれる状態になることもあります[2][3][4]。蕁麻疹(じんましん)や腹痛、嘔吐などの全身症状が見られ、場合によっては、呼吸困難などの重篤(じゅうとく)な症状を引き起こすことがあります。
スズメバチに刺されたときの対処法
スズメバチに刺されたときは、適切な対処を行えば、症状が軽く済むこともあります。落ち着いて手当を行いましょう。
毒を取り除く
すみやかに毒を吸い出し、体内に残っている毒を少なくしましょう。ポイゾンリムーバーという市販の装置を使うと、うまく取り出せます。また、水道水で患部を洗い流すのでもよいでしょう。口で吸い出すのは、危険なのでやめましょう。蜂の毒は水溶性のため、唾液と一緒に体内に取り込んでしまう危険性があるからです。
患部を冷やす
刺された部位を、氷のうなどで冷やしましょう。痛みや腫れをやわらげるのに効果が期待できます。
病院へ行く
病院で症状を伝え、適切な薬を処方してもらいます。痛みや腫れがひどいときには、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤を用いることが多いとされています。蜂に刺されると、強いアレルギー反応が出る場合があります。気分が悪くなったり、全身に症状が現れたりしたら、迷わずに救急車を呼びましょう。
アナフィラキシー反応が起きた時の症状と対処法
スズメバチをはじめとする蜂の毒には、さまざまな成分が入っており、中には、アレルギー反応を引き起こす成分もあります。先に紹介しましたが、重度のアレルギー反応は、アナフィラキシー反応と呼ばれます。
アナフィラキシーとは
アナフィラキシー反応とは、強いアレルギー反応のことです[3]。蕁麻疹(じんましん)や腹痛、嘔吐などの全身症状が起こるようなケースが該当します。さらに重くなると、血圧の低下、呼吸困難などが起こってきます。命にかかわる危険な状態になるため、アナフィラキシーを疑ったら迷わずに救急車を呼びましょう。アナフィラキシー反応の重さにより、数分から数時間以内に死亡に至るケースもあります[1]。
アナフィラキシーの症状
アナフィラキシーは全身に症状が現れます。少しでも症状が出た場合は、すみやかに病院を受診しましょう。次のような症状に気をつけてください。
・蕁麻疹や紅斑などの皮膚の症状
・腹痛や吐き気、嘔吐、下痢などの消化器の症状
・血圧の低下
・上気道の浮腫による呼吸困難や窒息
アナフィラキシーの対処法
医療機関を受診して、アドレナリンの注射を受けることが大切です[1]。そうした治療が直ちに受けられない場合、患者や患者の保護者が緊急避難的にアドレナリンを注射できる方法として「エピペン」と呼ばれる薬と注入器が一体になった注射製品があります。事前に登録している処方受諾医師が処方するものです[5]。
スズメバチに刺されたときの俗説
蜂に刺されたときの応急措置として、尿をかけるとよいという説があります。しかし、尿やアンモニアは効果がないばかりか、症状が悪化する可能性もあるといわれているので、行わないようにしましょう。
スズメバチの予防方法
以下のようなポイントに注意しながら、スズメバチ対策をしていきましょう。特に、8~9月や野山を歩くときなど、注意を怠らないようにしましょう。
服装
できるだけ肌を出さないよう、長袖・長ズボンを着用するのがよいでしょう。針が通過しにくい厚手の生地にすると、さらに効果的だと考えられます。また、スズメバチは、黒い色に攻撃してくるといわれています。白や黄色の服を選ぶといいでしょう。
持ち物
蜂が攻撃してきたときに備えて、殺虫スプレーを携帯するといいでしょう。襲われたときに、被害を最小限にできると考えられます。また、防網や防蜂手袋もあると安心です。
その他
攻撃性が高くなる8~9月や、スズメバチの被害が確認されている野山の散策は避けましょう。特に、野山のひとり歩きは、万が一のときに助けを呼べないため危険です。複数人で行動するようにしましょう。スズメバチの巣を発見した場合、むやみに近づかないようにします。蜂がカチカチと音を出していたら、威嚇のサインです。手で振り払わず、体制を低くしてその場から立ち去りましょう。
【アシナガバチの形態】
同じスズメバチ科だけあり、アシナガバチの生態はスズメバチに似ている。幼虫の餌も昆虫の肉とすることなど共通点が多い。細身で小型の体型は攻撃力で劣る。チョウやガの幼虫の芋虫、つまりケムシやアオムシの類を狩る。捕らえた芋虫をかみ砕いて肉団子にして巣に持ち帰る。ヤブガラシ等の花に飛来することも多い。
巣の材料はほぼ同じ。構造は、スズメバチの巣は光沢のある立派な外皮があるのに対しアシナガバチはそれがなく、ハスの花托・果托のようである。また、多くのスズメバチのように枯れ木の木部繊維や朽木ではなく、ホオナガスズメバチ属と同様に樹皮の靭皮繊維を素材とし、それに唾液由来のタンパク質などを混入して巣材とするので、一般のスズメバチの巣より強靭である。そのため、しばしばスズメバチ類の巣は洋紙に、アシナガバチ類の巣は和紙に喩えられることがある
生態
熱帯地方には、直径30cm以上の大きな巣をつくる種もあるが、日本では、直径10cm程度である。女王蜂は、比較的低い乾燥した物陰や樹幹に巣をかける。3部屋もつくると直ぐに卵を産み、20日ほどで幼虫は成虫になる。この蜂の巣は、蓮の実のような形につくられて100部屋を超える巣もある。中央部の幼虫が巣立つと、新たに卵が生み付けられて、ミツバチのように蜜をためる事はない。
しばしばスズメバチの攻撃を受けて、幼虫を持ち去られる事があり、巣も破壊される事がある。
性質
性質はスズメバチに比べればおとなしく、巣を強く刺激したり蜂を素手で触ったりしない限りはまず刺してはこない。刺傷は子供などが巣を刺激して起こるケースと、洗濯物等に紛れ込んでいるアシナガバチに気づかず起こるケースとがある。毒はスズメバチに比べれば弱く毒そのものによる死亡は稀であるが、アナフィラキシーショックにより死亡することもあるので、過去に刺されたことがある人は注意が必要。また刺された時の痛さという点ではスズメバチよりも強いとも言われている.
オオスズメバチ(大雀蜂、英: Japanese giant hornet、学名:Vespa mandarinia japonica)はスズメバチ類の中で最も大型のハチ(世界最大)で、体長は女王バチが40-45mm、働きバチが27-40mm、オスバチが35-40mm。東アジア、及び日本の北海道から九州に分布しており、南限は屋久島、種子島近辺まで生息している。食性は幅広く、成虫、幼虫含む主に小中の様々な種類の昆虫を捕食し、スズメガなどの大型のイモムシ等を捕らえる場合もある。秋には餌が減少する反面、多くの新女王バチと雄バチを養育するための負担が増大するために凶暴性を増し、返り討ちに遭う危険を冒しつつも、時に集団でキリギリスやカマキリ等の大型肉食昆虫を襲うケースが増える。またミツバチや他種のスズメバチといった巨大なコロニーを形成する社会性のハチの巣を襲い幼虫や蛹を略奪する。非常に獰猛で攻撃性が強い上、土中や樹洞などの閉鎖空間に営巣するため、巣の存在に気付かずに接近して攻撃を受けることがある。
名古屋市でスズメバチに刺された時や蜂の巣を駆除しようとして蜂やスズメバチに刺されたり、知らず知らず蜂の巣を刺激してしまい蜂やスズメバチに刺されたり、名古屋市の自宅でスズメバチの巣を発見して自分でなんとかスズメバチの巣を駆除しようとしたところ蜂の巣から出てきたスズメバチに刺されたり他にもいろいろ。
公園で遊んでいたらスズメバチの巣や蜂の巣に遭遇してしまうことは意外と多いです。
気が付かないうちにその蜂やスズメバチに刺激を与えてしまい刺されてから蜂の巣に気づくことが多く蜂の巣の駆除が遅くなることがあります野外活動や遠足の場合は事前に蜂の巣やスズメバチの巣・アシナガバチの巣などがないか確認することをお勧めします。
もし蜂の巣があれば事前にその蜂の巣を駆除し安全を確保しましょう。


名古屋市でもスズメバチの駆除のお問い合わせも多く、他にアシナガバチの巣の駆除やミツバチの駆除のお問い合わせも大変多く春から秋にかけて蜂の巣は活動が活発になるので、蜂の巣を早く発見し駆除を行うことが重要です。

一見蜂の巣が無いようでも死角にご注意ください。
お問い合わせ頂くなかでも蜂の巣に気づかず刺されてからお電話頂くことも大変多いです。

大人の視線からの死角の蜂の巣に注意
蜂に刺されてから蜂の巣駆除の依頼で多い場所ではサッシの下部や出窓の下部、ポストの下部やごみ箱の裏など、やはり人間から死角になる場所に蜂の巣がある場合気づかずに刺激を与えてしまい刺される場合が多いです。
こういった場合では、巣を作り出す春先から初夏にかけて比較的確認しやすい軒先やカーポートなどもそうですが、死角にも注意して事前に確認することでスズメバチやアシナガバチなどからの刺傷被害を防ぐこともあります。

蜂に刺された時は医療機関を受診し、蜂の巣を発見した場合は早急に駆除してください。

・蜂の巣を自分で駆除したい
というようなお問い合わせもいただくことがありますが、大変危険を伴いますので専門の蜂の巣駆除業者に任せましょう。
アシナガバチやスズメバチにも種類があり、それぞれ種類により習性も異なります。
名古屋市内でもアシナガバチ約6種類、スズメバチも約6種類が確認されています。
そのなかでも、スズメバチに関しては特殊な修正を持つものもいます。
その場で確認できる蜂をすべて死滅させ巣を撤去しても、蜂がどんどん増えてきたり、何回も何回も同じ場所に巣を再建されたりと蜂の巣を撤去するだけでは完全に駆除できず、逆に刺激をあたえてしまい関係ない人が刺されたりと刺傷被害が拡大することも考えられますので蜂の習性を熟知し、蜂の巣を専門に駆除している業者に依頼したほうが無難でしょう。

名古屋市内でも屋根裏や壁の中などの閉鎖空間に営巣したスズメバチの巣を駆除してほしいなど毎年たくさんの蜂の巣駆除のご依頼をお受けしております。
同じような場所(外壁や木の洞・土の中)で蜂が出入りを頻繁に行っていたり、その廻りに蜂がかたまっていたりする場合は屋根裏や壁の中に蜂の巣を作っている可能性が高くむやみに殺虫剤などを使用せず蜂の巣駆除を専門とする会社に相談しましょう。
閉鎖空間だけではなくどんな場所にもスズメバチやアシナガバチは蜂の巣を作ります。
初夏に木の枝が伸びてきたので、剪定をしていたらスズメバチやアシナガバチに刺されたのでよく見たら巣が確認できたなどお電話いただく中でも大変多いです。
特に樹木などの枝が生い茂っていたりすると全く中の様子が確認できず、剪定している振動や音で蜂の巣に刺激を与えてしまい刺されてしまうケースがおおいです。
事前に蜂の巣やスズメバチやアシナガバチが頻繁に出入りしている場所がないかなどを確認することも刺傷被害を避けるには大変重要になってきます。
これからの時期に屋外で作業する場合は事前に蜂が飛んでいないか、蜂の巣がないか確認をしましょう。
蜂の巣がある場合は自分で駆除するのは大変な危険とリスクを負いますので、無理はせずに蜂の巣駆除専門や蜂駆除専門もしくはスズメバチ駆除専門の業者に依頼するようにしましょう。

蜂刺傷には、アレルギーの危険もありアレルギー反応であるアナフィラキシーショックは命に関わることもあるので早急に医療機関を受診しましょう。

・スズメバチに刺されたときの症状や刺されないための予防法について
スズメバチとは、攻撃性の強い蜂として知られています。
生息圏は山間部だけでなく、都心の市街地や公園でも普通に生息しています。
スズメバチの特徴は種類により異なりますが攻撃性が強く初夏から秋にかけては働きバチが増える時期で攻撃性も上がるため注意が必要です。
蜂刺傷が多くなる時期は8月や9月なります。
大変警戒心が強く知らずに巣に近づくと威嚇をはじめ刺される場合もあります。

・スズメバチに刺されたときの症状
ハチに刺されると電気ショックのような激しい痛みとともに患部が赤く腫れてきます。(針が残るのはミツバチだけです)
初めて刺されたときには1~7日程で症状は治まりますが、2回目以降はアレルギー反応が起きることがあります(生まれつきハチ毒に対する抗体を持っていると一度目の蜂刺傷でもアナフィラキシー症状が表れることがあります)。反応が強い人の場合には、アナフィラキシー反応と呼ばれる状態になることもあります。蕁麻疹や腹痛、嘔吐や寒気などの全身症状が見られ、場合によっては呼吸困難になったり意識を失うことがあります。

・蜂に刺されたときの対処法
蜂に刺されたときは適切な対処を行えば症状が軽く済むこともありますので落ち着いて手当を行いましょう。
・毒を取り除く
すみやかに毒をポイゾンリムーバーなどで吸い出し水で患部を絞りながら洗い流しましょう。
※口で吸い出す行為は絶対に止めましょう。
蜂毒は水溶性なので唾液と一緒に体内に取り込んでしまったり、口内炎や虫歯があるとそこから毒が体内に入る危険性があるので絶対にやめましょう。
・患部を冷やす
痛みや腫れをやわらげるのに刺されたところ冷やしましょう。
・病院へ行く
病院で診察を受け薬を処方してもらいます。
ステロイド外用薬や抗ヒスタミン剤を処方してもらえます。
蜂毒にはとても強いアレルギー反応が出る場合があるので気分が悪くなったり、寒気や全身に蕁麻疹のような症状が現れたら迷わずに救急車を呼びましょう。
アレルギー反応が出るまでには体質や体調により個人差がありますが大半が15分~1時間の間には症状が出てきますが最悪の場合数分から数時間以内に死亡に至るケースもあります。
稀に遅延反応がでる場合があり蜂に刺されてから数日後にアレルギー反応が出ることもありますので刺傷被害にあってから数日は注意が必要です。
蜂毒にはさまざまな成分が入っており、中にはアレルギー反応を引き起こす成分もあります。
アナフィラキシーショックとは、強いアレルギー反応のことです。蕁麻疹や腹痛、嘔吐などの全身症状が起こり、症状が重くなると血圧の低下や呼吸困難などが起こり最悪の場合、命にかかわるため異常があれば迷わずに救急車を呼びましょう。

愛知県名古屋市の総合病院を紹介しておきますので蜂に刺された時は受診しましょう。


ぺージの先頭へ

バナースペース



スズメバチ110番・南勢養蜂場

<愛知県>
〒470-1143
愛知県豊明市阿野町上納129-22
TEL 0562-93-8110
FAX 050-1195-35204
MAIL 8110@hachi-110.com

<岐阜県>
〒500-8369
岐阜県岐阜市敷島町7丁目44-2
TEL 0582-54-8110
FAX 050-1195-3520
MAIL 8110@hachi-110.com

<三重県>
〒519-1104
三重県亀山市関町白木一色1390
TEL 0595-96-1988
FAX 050-1195-3520
MAIL 8110@hachi-110.com

<三重県>
〒519-2142
三重県松阪市下蛸町424-1
TEL 0598-29-8894
FAX 050-1195-35204
MAIL 8110@hachi-110.com

〒516-1103
三重県伊勢市津村町1080-14
TEL 0120-41-8110
FAX 0596-39-1104
MAIL 8110@hachi-110.com

<本社>
〒516-0112
三重県度会郡南伊勢町伊勢路2490

TEL 0599-67-8110
FAX 050-1195-3520
MAIL 8110@hachi-110.com